PROMINENCEⅡ和訳 LESSON 1 | 和訳のCROWN

PROMINENCEⅡ和訳 LESSON 1

東京書籍 040 英語Ⅱ PROMINENCE LESSON 1
Lesson 1  Mottainai
第1課 モッタイナイ

P.8

【Take a Guess!】

1. ワンガリ・マータイ教授は何で有名なのですか?
2. 「もったいない」と言う単語はどんな意味ですか?
3. どんな状況であなたは「もったいない」という単語を使いますか?

professor 〔名詞〕 教授
Wangari Maathaik 〔固有名詞〕 ワンガリ・マータイ

Part1

およそ30年前、ワンガリ・マータイはケニアで7本の木を植え、それがグリーンベルト運動の始まりだった。

Kenya 〔固有名詞〕 ケニア
beginning 〔名詞〕 始まり
belt 〔名詞〕 帯、ベルト
movement 〔名詞〕 運動

それから、大半が女性の多くの人々がケニア全土に3000万本以上の木々を植え、彼らはアフリカの他の多くの国々とその運動を分かち合ってきた。
2004年にワンガリ・マータイは、ノーベル平和賞を授与した最初のアフリカ人女性となった。

African 〔形容詞〕 アフリカの
Nobel 〔固有名詞〕 ノーベル(賞)

マータイ教授は、2005年2月に日本を訪れ、「もったいない」の概念について学んだ。

それは、世界に対する大切なメッセージになると、彼女は考えた。

彼女は、「もったいない」の精神的な意味が気に入った。

spiritual 〔形容詞〕 精神的な
meaning 〔名詞〕 意味

また、彼女が気に入ったことは、この1つの単語が3つのRのアイディアを表すということであり、3つのRとは何年にも渡ってグリーンベルト運動のスローガンだった。

term 〔名詞〕 単語、専門用語
express 〔動詞〕 表現する、表す
slogan 〔名詞〕 スローガン、標語

3つのRは、私たちに使うものを減らし、再利用できるものを全て再利用し、再利用できないものをリサイクルするようにと教える。

reduce 〔動詞〕 減らす
reuse 〔動詞〕 再利用する
recycle 〔動詞〕 リサイクルする

マータイ教授は、私たち全員が依存しているエコシステムの深刻な問題に取り組み、それを守るために私たちは何をするべきかを考えた。

ecosystem 〔名詞〕 エコシステム
dependent 〔動詞〕 依存する

 【文章構造:be動詞+to do】
…and tell us what we are to do to save it.
be動詞       ↑
          ecosystem
  ここでは、義務、もしくは命令の意味として考えると自然に意味がとれる。

〔訳〕
19. あなたはもう子供ではないのだから、全て親に頼ることは止めなさい。

G31 私たちの先生は、私たちに言った。「8時半までに学校へ来なさい。」

P.9

〔問題文訳・解答例・解答訳〕
【Q1】
マータイ教授が、初めて木を植えてからの30年間で何本の木々がケニア全土に植えられましたか?
More than thirty million tress have been platnted.
3000万本以上の木々が植えられた。

【Q2】
マータイ教授はいつ「もったいない」の概念について学びましたか?
She learned about it when she visited Japan in 2005.
彼女は2005年に日本を訪れたときにそれについて学んだ。

【Q3】
3つのRは、私たちに何を教えますか?
They tell us to reduce what we use, to reuse everything we can, and to recycle what we cannot use again.
それらは使うものを減らし、再利用できるものを全て再利用し、再利用できないものをリサイクルするように私たちに教える。

【QUIZ PROMINENCE】
〔問題文訳・解答例〕

どれが減らすことの例ですか?
3

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする