POWER ON 英語Ⅰ037 LESSON5 | 和訳のCROWN

POWER ON 英語Ⅰ037 LESSON5

東京書籍 037 英語Ⅰ POWER ON  Lesson 5
Sparky
(スパーキー)

Sparky 〔固有名詞〕 スパーキー

P.54

Part 1

スパーキーにとって、学校生活は困難なものだった。

tough 〔形容詞〕 かたい、厳しい、辛い

彼は高校のほとんどの科目で、成績がよくなかった。

do well 〔熟語〕 順調に行く(やる)

 【文章構造:形式主語】
 It was very difficult for him to get along with the other kids at school.
 〔It is(was) + 形容詞+for人+to不定詞〕で「(人)にとって~するのは(形容詞)だ」という意味.
 ※ この時のItは形式上の主語で、本当の主語はto不定詞の部分である.
 ※ 動作の主は〔for人〕の部分である.
 ※ Itとto不定詞の部分は、同じ事柄を指す.


 
彼はスポーツが大好きだった、しかしそれもまた得意ではなかった。

~ not …, either 〔熟語〕 ~もまた…でない
be good at ~ 〔熟語〕 ~が得意である

スパーキーは恥ずかしがり屋だった。

shy 〔形容詞〕 内気な

彼が学校で他の子供たちとうまくやっていくのは、非常に難しかった。

get along with ~ 〔熟語〕 ~と仲良くやっていく
kid(s) 〔名詞〕 子供

彼は、一度も女の子をデートに誘ったことはなかった。

go out (with ~) 〔熟語〕 ~とデートする、付き合う

彼は断られるのを恐れていた。

スパーキーは不器用な少年だった。

awkward 〔形容詞〕 不器用な

彼はそのことを知っていた。

彼のクラスメートも知っていた。

みんなそのことを知っていた。

だから彼はそのことを受け入れた。

accept(ed) 〔動詞〕 受け入れる

スパーキーは人生の全てを受け入れることを決心した。

他の何よりも、一つのことがスパーキーにとって重要だった―絵を描くことである。

more than anything else 〔熟語〕 ほかの何よりも
else 〔形容詞〕 ほかの
drawing 〔名詞〕 描くこと

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする