POWER ON 英語Ⅰ037 LESSON3 | 和訳のCROWN

POWER ON 英語Ⅰ037 LESSON3

東京書籍 037 英語Ⅰ POWER ON LESSON 3
Here, There, and Everywhere
(ここで、そこで、そしていたるところで)

P.28

Part 1

俳句は日本の形態である。

form 〔名詞〕 形態
poetry 〔名詞〕 詩

俳句を通して、作者は読者と重要な一瞬を共有する。

writer 〔名詞〕 作者
share 〔動詞〕 共有する
share~with・・・ 〔熟語〕 ・・・と~を共有する
moment 〔名詞〕 一瞬
reader 〔名詞〕 読者

古池や

pond 〔名詞〕 池

かわず飛び込む

frog 〔名詞〕 かえる

水の音

この有名な俳句は松尾芭蕉によって書かれた。

Matsuo Basho 〔固有名詞〕 松尾芭蕉

 【文章構造:受身】
  This famous haiku was written by Matsuo Basho.
  S+be動詞+動詞の過去分詞形 で、「Sが~される」という受身の形(受動態)
  を表す。

あなたはその情景を想像できるだろう:池、かえる、そして音。

imagine 〔動詞〕 創造する
scene 〔名詞〕 情景

日本の俳句は、5,7,5音節からなる3行であるが、多くの国では、人々はもっと自由な方法で俳句を書く。

syllable 〔名詞〕 音節

P.29

【Reading Comprehension】

1 誰が28ページの俳句を書いたのか?
2 他の多くの国では、人々はどのように俳句を書くか?

Answer 1 Matsuo Basho did. 松尾芭蕉。
Answer 2 They write haiku in a freer way. もっと自由な方法で。

【Grammar】
受け身

 【解説】
 This famous haiku was written by Matsuo Basho.
 English poetry is loved in many countires.

 この有名な俳句は、松尾芭蕉によって書かれた。
 英語の詩は、多くの国で好まれている。

【Practice】

1. was built   2 Are, made   3 are spoken   4 share, with

【Challenge!】

〔例〕 この有名な俳句は、松尾芭蕉によって書かれた。

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする