POLESTAR READING LESSON4 | 和訳のCROWN

POLESTAR READING LESSON4

数研出版 英語R 033 POLESTAR Reading Course Lesson4
Bob Marley
(ボブ・マーリー)

P.31

現代の最も人気がありユニークな様式の音楽の1つはレゲエです。

レゲエは、1960年代にジャマイカで始められ、ソウルミュージックとリズムアンドブルース、そして伝統的なジャマイカのスカ音楽が一緒になったものです。

レゲエの特徴は、店舗の緩和や休止を含むレゲエ特有のリズムと最も重要な楽器として、ベースギターを使うことです。

この様式の音楽で、最も人気があって重要な人物は、ボブ・マーリーで、彼は「レゲエの王」として知られています。

=Words=
Bob Marley 名)ボブ・マーリー
unique 形)独特な、ユニークな
reggae 名)レゲエ
Jamaica 名)ジャマイカ
Jamaican 形)ジャマイカ(人)の
soul 名)魂、ソウルミュージック
rhythm and blues 名)リズムアンドブルース
traditional 形)伝統的な
ska 名)スカ
characterize 動)特徴づける、性格づける
hesitation 名)ためらい
beat 名)打つこと、強烈なリズム
bass 名)バス、低音
instrument 名)楽器

【Points】
1. 1~2行目の和訳
2. The most popular and … is Bob Marley, who is known as [~として知られている] the “King of Reggae.”
※be known as ~ ~として知られている

P.32

多くのレゲエの歌手と同じように、マーリーは、ジャマイカの貧しい家庭に生まれました。

彼は、暴力と貧困といった厳しい環境の中で育ちました、そして彼の唯一の夢は、ポピュラー音楽の歌手になることでした。

彼は、自分の夢を実現させるため、自分の音楽に一生懸命打ち込みました。

マーリーには、自分の音楽とその音楽が伝えるメッセージが、みんなに支持されるという自信がありました。

彼はかつて言っていました、「この音楽はますます人気が出て、人気が出るにつれて、音楽を必要としている人々に届くでしょう。」

そして、その音楽は、本当に人気が出たのでした。

ボブ・マーリーにとって、音楽は人々に自分のメッセージを伝える手段でした。

彼はかつて言っていました、「人々はメッセージ、つまり神の言葉を聞きたがっている。その音楽は、私か他の誰かを通じて聞くことができる。私は、先導者ではなく、むしろ使者です。」

自分の詩と音楽と通して、彼は人々に心を開いて、自分の人生は自分で決めて、現在の状況やいかなる種類のものであれ弾圧を受け入れないようにと、励ましました。

=Words=
poverty 名)貧困
confidence 名)自信
messenger 名)使者
condition 名)状況、状態
oppression 名)圧迫、弾圧、虐待

【Points】
1. 3行目の不定詞to becomeの用法は…? → 名詞的用法(補語の働きをしている)
2. He worked hard at his music to make his dream come true.
                         make   +    動詞の原形 …に~させる
come true 実現する
3. For Bob Marley, music was a means to [~する方法] take massage to people.
4. I am not a leader, but rather a messenger.
私は、先導者ではなく、むしろ使者です。 not … but~ …ではなく~

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする