英語R 018 CROWN READING Rapid Reading2 | 和訳のCROWN

英語R 018 CROWN READING Rapid Reading2

三省堂 英語R 018 CROWN English Reading Rapid Reading 2
The Hitchhiker
(ヒッチハイカー)

P.108

I was driving up to London in my new car when I saw the hitchhiker by the side of the road.
道路の脇でヒッチハイカーを見た時、私は新車でロンドンに向かっていた。

I touched the brake and brought the car to a stop beside him.
ブレーキをかけて、彼の側で車を止めた。

I always stopped for hitchhikers.
ヒッチハイカーにはいつも止めた。

I knew just how it used to feel to be standing on the side of a country road watching the cars go by.
車が通り過ぎるのを見つめながら、田舎の道路の脇で立っているのがどんな感じなのかをよく知っていたからだ。

I hated the drivers for pretending they didn’t see me, especially the ones in big cars with three empty seats.
見えない振りをするドライバーが嫌いだった, 3つの空席がある大きな車のドライバーたちは、特に嫌いでした。

The hitchhiker looked through the open window and said “Going to London, guv’nor?”
ヒッチハイカーはあいている窓から、「すみません、ロンドンに行きますか?」と言った。

“Yes,” I said. “Jump in.”
「ええ、乗りなさい。」と私。 

He got in and I drove on.
彼が車に乗り込むと、私は車を出した。

He was a small man with gray teeth.
彼は灰色の歯をした小さな男だった。

His eyes were dark and quick and clever, like rat’s eyes, and his ears slightly pointed at the top.
その目は、野ネズミの目のようで黒く、すばしこく、利口そうだった、耳は上端がすこしとがっていた。

He had a cloth cap on his head and he was wearing a gray jacket with enormous pockets.
布の縁なし帽子をかぶって、すごく大きなポケットのある上着を着ていた。

The gray jacket, together with the quick eyes and the pointed ears, made him look more than anything like some sort of a huge human rat.
灰色の上着と、すばしこい目と、とがり耳のせいで、彼は全く巨大な人間ネズミそっくりに見えた。

“What part of London are you headed for?” I asked him.
「ロンドンのどこに向かっているんですか?」と、私は聞いた。

“I’m going right through London and out the other side,” he said.
「ロンドンをまっすぐ通り抜けて、向こう側まで行くんです。

“I’m going to Epsom, for the races. It’s Derby Day today.”
レースなんでエプソンに行くんですよ。今日はダービーの日なんですよ。」と、彼。

【WORDS】
★beside 〔前〕~のそば
★pretend 〔動〕振りをする
guv’nor 〔名〕=sir、男性への呼びかけの語
★get in 〔熟〕乗る
tooth 〔名〕歯
★clever 〔形〕かしこい、利口
cap 〔名〕縁なし帽
jacket 〔名〕上着
★together with ~ 〔熟〕~といっしょに
Epsom 〔名〕エプソン(地名)
Derby Day 〔名〕ダービー競馬の日

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする