CROWN READING 和訳 Lesson 3 When the World Melts 世界が溶けるとき | 和訳のCROWN

CROWN READING 和訳 Lesson 3 世界が溶けるとき

三省堂 英語R 018 CROWN English Reading 
Lesson3 When the World Melts
(世界が溶けるとき)

【内容】 

アラスカの永久凍土が溶けていく。イヌイットの昔ながらの知恵が、環境の変化について行けなくなってしまった。

P.33

Vocabulary Check

① b  ② c  ③ b  ④ a  ⑤ b

P.34

地球温暖化 / 北極の動揺
脚の下で世界が溶ける時
イヌイットは不吉な変化を感知する

line.4
過去30年間に平均気温が4度上昇した時にアラスカに住むことは、季節の変わり目には沈んだり、火事が起きたり、バラバラになる可能性のある風景に対処することを学ぶ事を意味している。シシュマレフの村では、それは北極圏のすぐ南にあるが、それは住民が来月村全体を移動させるかどうかの投票をすることになっているほど、多くの家屋や建物を侵食する高潮を意味している。

line.12
バロウでは、そこは北アメリカ最北の都市であるが、それは、かつては存在していなかった場所での蚊に対処することと、そして1年のうちで決してそのようなことが起こらなかった時期に氷上に足止めされたハンターを救出することを意味する。

line.17
フェアバンクスでは、そこでは5月以来野火が時々燃え続けているが、それは、かつては1年中凍っていた基礎から家が落ちるのを防ぐためにジャッキと共に暮らすことを意味する。

line.21
キーナイ半島では、それは、北アメリカで記録された中で最大の昆虫による樹木の損失であるが、甲虫によって破壊された1600万ヘクタールのスプルースの森林に住むことを意味する。

line.25
ベーリング海、チュクチおよびボーフォード海沿岸の村にとって、溶解する氷は敵である。キバリナは、家屋の下まで浸食する海嵐に打ちのめされた町であるが、すぐにも移動しなければならないだろう。

P.35

line.4
それには、そこに住む400人の其々に250,000ドルの費用がかかることになる。科学者によると、溶解する氷がさらに多くの並みの動きをもたらし、それがかつては1年のほとんどの間凍っていた土地を侵食するということだ。ハンターは途方にくれてしまって、他の物もアザラシやセイウチ、他の動物を見つけるために通常の猟場のはるか向こうまで行かざるを得なくなってしまった。

line.11
何千年もの間、アメリカ先住民のイヌイットは、彼らに動物と土地を尊重することを要求する規範に従ってこの土地に生きてきた。イヌイットの先祖はシベリアからその頃ベーリングの陸橋だったものを渡って、約1万年前に北極の西部にやって来たと信じられている。

line.16
 彼らは、アザラシやセイウチ、鯨を狩りながら、新しい土地に住むようになった。それは人と動物が共に話すことが出来、海と陸の精霊が動物と人間の世界の両方を支配した時代であったと、あるイヌイットの団体の報告書によるとそうなっている。

line.21
 ハンターたちは、動物たちが振舞う様子に兆候を探すことにより、或いは雲、星、風、雪および水の流れを見ることにより天候を予測したものだった。イヌイットの中にはカリブーかアザラシがその首を振ると、悪天候が予想されることを知っていた者もいたと、その報告書にはある。

line.26
 「春に、北に向かって飛んでいる雁が突然向きを変えると、イヌイットは悪天候を予想した」とその報告書には述べられていた。

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする