UNICORNⅡ和訳 LESSON 9 | 和訳のCROWN

UNICORNⅡ和訳 LESSON 9

文英堂 055 英語Ⅱ  UNICORNⅡ LESSON 9
LESSON 9  THE YOUNGER DAYS OF PATCH ADAMS
第9課  パッチアダムスの若かりし頃

P.127
【BEFOR YOU READ】

〔問題文訳〕
1. なぜ渋滞の運転手はパッチを笑ったのですか?
2. 2,3の面白い顔をマスターした後、私たちはどうする必要がありますか?
3. パッチはどのようなコスチュームを好みますか?
4. あなたが面白い医者だったなら、ポケットには何が入っていますか?

【WORDS】
traffic 〔名詞〕 交通
fool 〔形容詞〕 ばかな
hesitate 〔動詞〕 ためらう
laughter 〔名詞〕 笑い声
pain 〔名詞〕 苦痛
burst 〔動詞〕 噴き出す
advise 〔動詞〕 助言する 
mirror 〔名詞〕 鏡
balloon 〔名詞〕 風船
yo-yo 〔名詞〕 ヨーヨー
ordinary 〔形容詞〕 もともとの
brave 〔形容詞〕 勇敢な

P.128

1

私が16歳の時に、父が突然亡くなった。

それは私が彼と2人きりで1週間過ごした直後に起きた。

母と兄(弟)は旅行に出かけていて、そのとき父がアルバイトを数日間休むように私に頼んだのだった。

 【文章構造:間接話法】
……, when he suddenly asked me to take several days off from my part-time job.

この下線部分が、「彼」が「私」に言った内容
  「彼」の言った内容は下線部だけだが、それはただ述べられただけでなく、その内容から、「私」に
  尋ねられたと考えられるものなので、sayではなくてaskが用いられている。

私が子供の時、彼はほとんどのとき家にはおらず、家にいる時には大体ただ椅子に座ってお酒を飲んでいた。

彼が闘った戦争について話してくれるように私たちが頼むといつでも彼は泣き出すのだった。

 【文章構造:間接話法】
 Whenever we asked him to tell us about the wars he’d fought in, he would start to cry.
①        ②        ③

 ① =~するときはいつでも
 ② この下線部が、直接話法なら「」に入っているはずの部分
 ③ 「戦争」を先行詞にして、後ろから「彼が参戦した」と説明している。

第二次世界大戦と朝鮮戦争が、彼の心を壊してしまった。

朝鮮戦争中、父の命を助けるために、彼の侵入が自分の身体で手榴弾を覆ったのだった。

父はそのことについてとても罪悪感を抱いていた。

しかし、全ての中での最大の罪悪感は、家族に関するものだった;彼は良い父親でなかったことを私に謝った。

やっと父と友達になれたとき、私は彼を失ってしまった。

彼は心臓病と高血圧を患って第二次世界大戦から帰ってきた。

私たちが父親と息子としてやっと近づけた1961年のその週末に彼は心臓発作を起こした。

【WORDS】
take ~ off〔熟語〕~の間休む
sprit〔名詞〕精神 
grenade〔名詞〕手榴弾 
guilty〔形容詞〕有罪の
feel guilty about~〔熟語〕~したことを詫びる 
pressure〔名詞〕圧力

〔訳〕

3-5.  先生は私たちに本の26ページを開くように言った。
4.  ひどい風邪だったため、彼は2日間仕事を休んだ。
12. 彼女は母親に対する厳しい言葉について罪悪感を抱いた。
13-4 彼女に本をもっと早く返さなかったことについて私は誤った。

1.
父親を失ったとき、パッチは何歳でしたか?
He was sixteen.
彼は16歳だった
2.
朝鮮戦争中、誰がかれの父親の命を助けたのですか?
His best friend did.
彼の親友である。
3.
彼の父親はどんな病気を持っていましたか?
He had heart disease and high blood pressure.
彼は心臓病と高血圧を患っていた。

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする