UNICORNⅡ和訳 LESSON 2 | 和訳のCROWN

UNICORNⅡ和訳 LESSON 2

文英堂 英語Ⅱ 055 UNICORN  Lesson 2
SLEEPING WITH LIONS
ライオンと一緒に寝る

【WORDS】
lion 〔名詞〕 ライオン
Mark 〔名詞〕 マーク
Delia Owen 〔固有名詞〕 デリア・オーウェンズ

P.17

【BEFORE YOU READ】 省略

【WORDS】
kalahari 〔固有名詞〕 カラハリ砂漠
powerful 〔形容詞〕 力強い
spot 〔名詞〕 場所、スポット
gray 〔形容詞〕 灰色の
beak 〔名詞〕 くちばし
deer 〔名詞〕 シカ
horn 〔名詞〕 つの
stripe 〔名詞〕 縞模様

P.18

太陽がちょうど昇ってきていた。

私はまだ半分眠ったまま、寝袋の中にいた。

突然、私は動物が近づいてくる音を聞いた。

私はゆっくりと頭を上げ、足の上から覗いた。

1頭の雌ライオンが、近づいてきた。

  【文章構造:動名詞の意味上の主語】
  A female lion was coming,  her head swinging from side to side.
    (S)      [分詞の主語]  [分詞]
=hear head swung from side to side
主節と分詞節の主語が異なる分詞構文。分詞の意味上の主語を分詞の前に残す。

私は妻のデリアを起こしたかったが、動くのが怖かった。なぜなら、今私たちはカラハリ砂漠の開けた平野にいたからだ。

そのライオンは、10フィート先の藪に行く為私たちを通り過ぎ、大きな雄ライオンの隣に横たわった。

デリアは、いまではすっかり目を覚ましていて、私に向って囁いた。「マーク、彼の脚の傷跡を見て。彼は、ボーンズではない?」

そう、それは私たちがボーンズと名づけたライオンだった。

私は数年前に、彼の骨折した脚を手術した。

頭を上げ、全部で9頭の、私たちの周りで眠っているライオンを見た。

私たちは、野生のライオンのグループと一緒に寝床にいたのだった。

これは、私たちカラハリ砂漠で5年間暮らした後でさえ、それはまだ驚くべき素晴らしい経験だった。

  【文章構造:動名詞の完了形】
  下線部の位置の変化に注意!
  Even after we had lived on the kalahari for five years, it was still a surprising and ~

  Even after having lived on the Kalahari for five years, it was still a surprising and ~

〔訳〕
1.先生は私たちに、舞台に上がるように言った。
3.私は石の壁越しに大きな川を見た。
8.午前2時だったが、私はまだばっちり目が冴えていた。
14.全部で10人のこどもが、全てのクラスにいる。
14-6.彼と以前にどこかであったのを覚えている。

1.
〔質問訳〕 寝袋の中にいたとき、著者は何を聞きましたか?
〔解答例〕 He heard an animal approaching.
〔解答訳〕 彼は、動物が近づいてくるのを耳にした。

2.
〔質問訳〕 デリアは、そのライオンの脚の何を見ましたか?
〔解答例〕 She saw the scar on his leg.
〔解答訳〕 彼女は、ライオンの脚の傷跡を見た。

3.
〔質問訳〕 マークとデリアの回りには、何頭のライオンが眠っていましたか?
〔解答例〕 Nine lions were sleeping around them.
〔解答訳〕 9頭のライオンが、彼らの周りで眠っていた。

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする