EXCEEDⅠ和訳 READING 1 嵐の夜に | 和訳のCROWN

EXCEEDⅠ和訳 READING 1 嵐の夜に

三省堂 042 EXCEEDⅠ
Reading 1
On a Stormy Night

(嵐の夜に)

【Pre-reading】

[訳]

(1) この物語に登場する動物はなんですか?
(2) どのような天候ですか?
(3) どのような事がこの物語で起こりますか?推測してください。

P.41 〔和訳

それは嵐の夜だった。

林の中をヤギが歩いていた。

彼はびしょ濡れになっていた。

すると、突然、稲妻が走った。

 【POINT】
Suddenly there was lightning.

〔there is (are / was / were)〕で、「~がある、いる」という表現。
thereを「そこ」などと訳さないように注意。

彼は、小屋を見つけてその中に入った。

中は暗かったが、雨を避けることができて彼は喜んでいた。

彼は横になり嵐がやむのを待った。

少しして、ドアが開き、誰かが雨を避けるために入ってきた。

コツン、コツン、コツン。

ヤギは、その音がヤギの足音のように聞こえて、また別のヤギが訪れたのかと思っていた。

【WORDS】

stormy 〔形容詞〕 嵐の
goat 〔名詞〕 ヤギ
completely 〔副詞〕 完全に、すっかり
wet 〔形容詞〕 濡れた
lightning 〔名詞〕 稲妻
hut 〔名詞〕 小屋
inside 〔副詞〕 屋内で
get out of ~ 〔熟語〕 ~を避ける
lay(lie 〔動詞〕 横になる、横たわる
storm 〔名詞〕 嵐
tap 〔動詞〕 とんとんと軽くたたく
tap,tap,tap, 〔擬音語〕 とんとん、こつこつ
visitor 〔名詞〕 訪問者
sound like ~ 〔熟語〕 ~のように聞こえる
footstep(s) 〔名詞〕 足音

Reading 1 P.41の内容をPDFで見る

P.42 〔和訳

「こんにちは、友よ」とヤギは言った。

しかし、ヤギは間違えていた。

友達ではなかったのだ。

それはオオカミだった!

オオカミは足の怪我をしていて、歩くときに杖を使っていた。

 【POINT】
The wolf had an injured leg ~
過去分詞が名詞を修飾する形容詞の働きをすることがある。
  本文では、injured(気づけられた) ⇒ leg(足)が直接の意味

それであの音を立てていたのだ。

「誰がいますか?」

「僕だけですよ、」とヤギは言った。

「ここに来てくれてよかった。

寂しかったんですよ。」

「僕も、こんな暗い嵐の夜に一緒に話せるヤツがいて良かったです。はっくしょん!」

 【POINT】
I also feel happy to find someone to speak to on such a dark stormy night.

  〔to+動詞の原形〕で様々な意味を表す。
  ①「to fine」は前のhappyを受けて、「見つけて(幸せだ)」という意味
不定詞の副詞的用法「~して…」である。
  ②「to speak」は、someoneを修飾して、「話すための(誰か)」という意味
   不定詞の副詞的用法で「~するための…」という意味

「まぁ、大丈夫ですか?」

「大丈夫。風邪なんだ。」

「僕も風邪をひいているんだよ。

だから何も匂わないんです。」とヤギは言った。

「僕もなんだ。お互い声を聞くことしかできないんですね。」

ヤギは、「きみはオオカミのような低い声をしているんだね、」と言おうとしたのだが、新参者を傷つけてしまうと思って

何も言わなかった。

オオカミは、「ヤギのような高い声をしているんだね、」と言いたかったのだが、失礼だと思って何も言わなかったのだ。

「どこに住んでいるんですか?」とヤギは聞いた。

【WORDS】

wolf 〔名詞〕 オオカミ
injure(d) 〔動詞〕 傷つける
stick 〔名詞〕 棒、杖
lonely 〔形容詞〕 寂しい
Atchoo! 〔間投詞〕 はっくしょん (くしゃみの音)
have a cold 〔熟語〕 風邪をひく
smell 〔動詞〕 においを感じる
neither 〔副詞〕 ~もまた…ない
Neither can I. 〔熟語〕 私もだめなんですよ。
All we can do is ~〔熟語〕 私たちは~しかできない
voice 〔名詞〕 声
hurt 〔動詞〕 傷つける
newcomer 〔名詞〕 新参者、新しく来た者
feeling(s) 〔名詞〕 気持ち
rude 〔形容詞〕 失礼な

Reading 1 P.41の内容をPDFで見る

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする