英語R 018 CROWN READING Rapid Reading3 | 和訳のCROWN

英語R 018 CROWN READING Rapid Reading3

三省堂 英R 018 CROWN English Readings  Rapid Reading 3
Rapid Reading 3  Reflections

P.172

 今は昔、京の都から旅行して1日ほどの土地に、とても純粋な男の人が住んでいました。

彼の妻(魂よ安らかなれ)は、何年も前に死んでいました。

そして、一人息子と静かでおだやかな暮らしをしていました。

二人は朝から夜まで女性に会ったり、振袖姿に目を止めることさえありませんでした。

 二人はほんとうに幸せでした。

ときどき、田んぼで働きました。

その他の日には、魚釣りに行きました。

時には、お酒を少し飲むのでした。

そして、紺と白に染められた手ぬぐいを頭に巻いて、ほんとうに幸せでした。

 しかし、まもなく父親は自分が年を取ってきたのを感じました。

「息子や、お前も結婚するべき時だよ。」

 「めっそうもないよ、冗談でしょ!」と若者は叫びました。

 「まじめな話だよ」と父親。

 「でも、父さん、女の人はこわいよ。」

 「わしもなんだよ、お前の気持ちはわかるよ」と父親。

 「じゃあ、なぜ結婚しなくちゃならないの?」と息子。

 「自然の道理として、まもなくわしは死ぬだろう、そうすれば、お前の世話をしてくれる妻が必要になるよ。」

 すると、これを聞いて、息子の目には涙があふれてきました、なぜなら、とてもやさしい心の持ち主だったからでした。

しかし、彼には「自分のことは自分でできるよ」とだけしか言えませんでした。

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする