CROWN READING 和訳 Rapid Reading 1 | 和訳のCROWN

CROWN READING 和訳 Rapid Reading 1

三省堂 英語R 018 CROWN English Reading Rapid Reading 1

All Those Noughts

P.52

L.1
 スーローは、誰もが気づく大男でした。 彼は大食漢の太った滑らかな顔をしていました。 彼は白髪の素晴らしい頭をしていました。 あなたは彼が大物であることを知っていました。 そして彼の衣服が彼が裕福な人だと告げていました。 しかし、彼はそれまでずっと裕福だったわけではありませんでした。 彼は貧しい家庭の出身でした。 彼は金を儲けたいと決め、それが大変得意になりました。 20歳になる前、リオで自分の事業をしていました。 彼には2つの格言がありました。 1つ目は、「安く買って高く売れ」でした。 2つ目は「決して振り返るな」でした。 そう、スーローは裕福で不正直でした。 彼は、しばしば盗品を安値で買い、高値でそれらを売りました。 彼は現金をしようし、何にも署名せず、税金も払いませんでした。 空港へいつためにタクシーに乗ってチューリッヒ・ホテルを出る時、彼は書類かばんをしっかりと抱きしめていました。 彼は思いました、もしわしがこの書類カバンの中に100万ドルを持っとると知ったら、人は何と言うだろうか? 100万米ドル。 彼はそのきれいな緑色と米国の大統領の絵を、そしてその数字のことを考えました。 あのゼロの数、1,000,000USドル。 6つの美しいゼロ!  彼は書類カバンを身体に引き寄せました。 彼は思いました、今夜、この金はアムステルダムの金庫に収まるのだ。 スーローはいい気分でした。

L.25
 ヤンニは誰も気づかない小さな痩せた男でした。 彼は大物には見えませんでした。 誰も彼の顔を思い出すことが出来ませんでした。

P.53

ヤンニは取るに足らない男でした。 彼は全く目立ちませんでした。 彼は貧しい家庭の出身でした。 大きくなって、それが彼の仕事に役立ったので、「目立たないこと」にヤンニは喜びました。 ヤンニハ泥棒でした。 そして彼はそれが非常に得意でした。 20歳になる前に、チューリッヒにやって来てスイスの身分証明書を得ました。 彼は、スリとハンドバックから財布を盗むことにかけて専門家になりました。 彼には1つしか格言がありませんでした。 「小さく、頻繁に」 彼は「顧客」を捜して、かつては主要な駅で多くの時間を過ごしたものでした。 そこでは、開いた買い物袋から財布を盗むことは容易でした。 ある日、盗んだクレジットカードの専門家の、友達のディックスが彼に尋ねました、「ヤンニ、空港を試してみようと思ったことはないかい? そこには、太った金持ちが大勢いるぜ」 そこで、ある日ヤンニは何を見つけることができるか確かめるために空港へ行きました。 チケットカウンターのところで、彼は太った顔で白い髪の毛のきれいな顔をした大男に気づきました。 その男がカウンターの後ろの女性ともめていることに彼は気づきました。 彼はまた、その男が床に書類カバンを置いたことに気づきました。 その男は女性と口論するのにあまりにも忙しくしすぎていました。 簡単そうだ・・・。

L.23
 スーローは、腹を立てていました。
「わしは、1週間前にフライトを予約したんだ。わしは今日空港で切符を受け取ると、街のオフィスに言ったんだ。ほらな、それはどこにあるんだ?」
「すみません、お客様、でも予約の記録はどこにもありません。もう一度お名前の綴りを言っていただけませんか」
「本当に! これでも十分じゃないか」
彼は子供に話しかけるときに言うような大きなゆっくりとした種類の声で、彼女に名前の綴りを言ってやりました。
「わしの名前はスーロー。S-U-L-O。さあ、急いでくれ。さもないと、アムステルダムへの便を逃してしまう。」

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする