PRO-VISION READING LESSON4 | 和訳のCROWN

PRO-VISION READING LESSON4

桐原書店 英R 038 PRO-VISION ENGLISH READING
Lesson 4 See the Light

P.43

「ねえ、あなた、お茶を一杯いかがですか。」

「ええ、はい。はい、ありがとうございます。スペンサーさん。」キャシーは、古い茶色い肘掛け椅子のひとつに座りました。

彼女は、夫人がゆっくりと小さな台所に入って行くのを見ていました。

それから、部屋を見回しました。

全てが古いものでしたが、この部屋は居心地がいいように見えました。

スペンサー婦人は、2つのカップにミルクを入れていました。

「それは、ここにあるんですのよ。ご覧になりたい?」

キャシーは立ち上がって台所へ入りました。

調理用具は古く、ほとんど骨董品のようでした。

カップと受け皿も古いものでした。

「あれがそうですか?」キャシーは尋ねました。

「あれですわ」老婦人は答えました。

「もちろん、すべては私があなたの新聞に手紙を書いた時に始まったのです。

そういうわけで、あなたにお電話をしたのです。」

「普通の電球に見えます。」キャシーは言いました。

彼女は上にある電球を見上げました。

「ええ」その老婦人は言いました。

「でも、本当なんですのよ。見て、ここに私が書いた手紙があります。」

彼女はキャシーに新聞の切抜きを渡しました。それは『イブニングエコー』社のものでした。

日付は、3週間前でした。キャシーはその記事を注意深く読みました。

【Words】
er 間)えーと、あのー、そのー
armchair 名)肘掛け椅子
comfortable 形)心地よい、快適な
cooker 名)料理用具
ancient 形)昔からの、使い古した
antique 形)骨董品の、時代遅れの
saucer 名)受け皿
telephone 動)電話をする
ordinary 形)普通の、ありきたりの
echo 名)こだま、反響、エコー

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする