ELEMENT English CommunicationⅠLesson7 和訳 | 和訳のCROWN

ELEMENT English CommunicationⅠLesson7 和訳

Lesson 7 Biomimetics
バイオミメティクス(生体模倣)

Part 1

Biomimetics learns from natural systems.
バイオミメティクスは,自然の体系から学ぶ学問である。

It tries to understand what nature does well to work out problems.
それは,問題を解決するために,自然が何をうまくこなしているかを理解しようとするものである。

It also tries to develop new technology.
また,新しい科学技術を開発しようという試みでもある。

Although the word biomimetics is new, people have been looking to nature to develop various products for many years.
バイオミメティクスということば自体は新しいが,人々は長年,様々な製品を開発するために自然を頼りにしてきた。

For example, there are some plant seeds with sharp points in the wild.
例えば野生には,鋭い先端を持った植物の種がある。

They may get on you when you walk in the forest.
森を歩いたときに,くっついてくることがあるだろう。

It is difficult to pull them off your sweaters.
それをセーターから取り除くのは難しい。

One day in 1941, George de Mestral, a Swiss engineer, came home from a walk in the mountains.
1941年のある日,スイス人エンジニアのジョルジュ・ド・メストラルは,山歩きから帰宅した。

He found burdock seeds in his dog’s hair.
彼は,犬の毛にゴボウの種がくっついているのを見つけた。

Then he took a close look.
それから彼は詳しく調べてみた。

He wanted to know the reason why those seeds got there so easily.
なぜこの種が,こうもたやすくそこにくっつくのか知りたかったからだ。

He found that burdock seeds have small hooks on their sharp points.
彼は,ゴボウの種の鋭い先端には,小さなかぎ状の突起が付いていることを発見した。

They easily catch on hair or fur.
それが,毛や毛皮に簡単にひっかかるのだ。

This is how “hook-and-loop fasteners” were first thought of and invented.
こうして「面ファスナー」は初めて考案され,発明されたのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする