ELEMENT English CommunicationⅠLesson6 和訳 | 和訳のCROWN

ELEMENT English CommunicationⅠLesson6 和訳

Lesson 6 Maria and the Stars of Nazca
マリアとナスカの星

Part 1

Have you ever heard of the lines and figures of Nazca in Peru?
ペルーの,ナスカの地上絵について聞いたことがあるだろうか。

They are very large lines and pictures of animals drawn on the ground.
それは,地上に描かれた巨大な線や動物の絵だ。

They are over 1,500 years old, but people only discovered them after planes began to fly over the region.
それらは1,500年以上前に描かれたが,飛行機がその地域の上空を飛び始めるようになってようやく発見された。

That is because they are too large to see the whole pictures from the ground.
それらは巨大すぎて,地上からは全体像を見ることができないからだ。

Many people still wonder why such large drawings were made.
なぜそのような大きな絵が作られたのか,多くの人々が今でも不思議に思っている。

One German woman, Maria Reiche, studied the lines and drawings for years.
ドイツ人女性のマリア・ライヘは,長年地上絵について研究していた。

She believed that each figure was a symbol of the stars.
彼女は,それぞれの絵は星の象徴だと信じていた。

She thought all the figures together were a kind of calendar.
彼女は,すべての絵を合わせると,一種の暦になると思っていた。

Maria studied the mystery of Nazca for more than 50 years.
マリアは50年以上もの間,ナスカの謎について研究した。

However, she only started her study by chance.
しかし,彼女が研究を始めたのは,ただの偶然にすぎなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする