ELEMENT English CommunicationⅠLesson10 和訳 | 和訳のCROWN

ELEMENT English CommunicationⅠLesson10 和訳

Lesson 10 Playing the Enemy
敵と対戦して

Part 1

The final game of the 1995 Rugby World Cup in South Africa was one of the most exciting international games for most people in the world.
南アフリカでの1995年ラグビー・ワールドカップ決勝戦は,世界の大部分の人々にとっては,最も興奮する国際試合の1つでしかなかった。

However, it meant more than that to South Africans.
しかし,南アフリカ人にとってはそれ以上の意味があった。

All the people in the country, of many different races, were watching the game with a big hope for the future.
国中のすべての,様々な人種の人々が,将来への大きな希望をもってその試合を見ていた。

People who were once enemies were cheering together for their national team.
かつて敵同士だった人々が,一緒になって自分たちの代表チームを応援していた。

In South Africa, black people had long been discriminated against under the system called apartheid.
南アフリカでは,アパルトヘイトと呼ばれるシステムのもとで,黒人が長い間差別されていた。

They had to live separately from white people and use separate seats in public places.
彼らは白人から離れたところに住み,公共の場所では別々の席を使わねばならなかった。

Eventually, the people who were against this idea began growing in number both inside and outside the country.
ついに,この考えに反対する人々の数が,国内外で増え始めた。

Nelson Mandela was leading a group of these people when he was taken away by the police and put in prison.
ネルソン・マンデラは,こういった人々の集団を率いているときに警察に連行され,刑務所に入れられた。

He was kept like that for 27 years until he was finally freed in 1990.
彼は,1990年にようやく解放されるまで,27年間そのようにして拘束された。

Mandela became the president of South Africa in 1994.
マンデラは,1994年に南アフリカの大統領になった。

In that same year, apartheid came to an end.
同じ年に,アパルトヘイトは終わりを迎えた。

However, black people could not forget the hard times they had been suffering for many years.
しかし,黒人は長年経験してきたつらい時代を忘れることができなかった。

At the same time, white people were now afraid of black people, because black people were very angry with them.
同時に白人は,黒人が彼らに対してとても腹を立てていたので,今では黒人を恐れていた。

They were far from becoming friends.
彼らは友人になるにはほど遠かった。

In fact, they were only a step away from war.
実際,彼らは内戦のほんの一歩手前のところにいたのだ。

To solve this problem, Mandela thought he could use sports to make people feel closer to one another.
マンデラは,この問題を解決するべく,人々にお互いにより親密になってもらうために,スポーツを利用できないかと考えた。

He chose rugby.
彼はラグビーを選んだ。

In South Africa, rugby was a “white people’s sport.”
南アフリカでは,ラグビーは「白人のスポーツ」だった。

Black people hated the Springboks, South Africa’s national team, so much that they did not cheer for their team but cheered for foreign teams.
黒人は,南アフリカ代表チームのスプリングボクスをとても憎んでいたので,自国のチームではなく外国のチームを応援していた。

Mandela thought if people of different colors played a sport together, or cheered for the same team together, they could become closer.
マンデラは,異なる肌の色を持つ人同士が一緒にスポーツをしたり,同じチームを一緒に応援したりすれば,もっと親しくなれるだろうと考えたのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする