ELEMENT English CommunicationⅠFurther Reading3 和訳 | 和訳のCROWN

ELEMENT English CommunicationⅠFurther Reading3 和訳

Further Reading 3
Artistic Exchange between Japan and the West
日本と西洋の芸術交換

Hokusai was an artist born in Edo.
北斎は江戸生まれの画家だった。

He is known for creating the woodblock print series Thirty-six Views of Mt. Fuji.
彼は,「冨嶽三十六景」の木版画の連作を制作したことで知られている。

This series made him famous both in Japan and around the world.
この連作によって,北斎は日本と世界の両方で有名になった。

He began working on it when he was over seventy.
北斎は,70歳を過ぎたころに連作に取りかかり始めた。

In the series he produced views of Mt. Fuji seen from various places.
この連作で,北斎は様々な場所から見た富士山の風景を制作した。

He drew special features of those places and included figures of people.
彼は,その場所の特色を描き,人々の姿を盛り込んだ。

The first work of the series, The Great Wave off Kanagawa, is very famous.
連作の最初の作品「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」は非常に有名だ。

In this work, we can see a sharp contrast between the huge wave in the foreground and the small Mt. Fuji in the distance.
この作品では,前景の巨大な波と遠方の小さな富士山との激しいコントラストが見られる。

Artists in Europe were surprised to see Mt. Fuji in the center of breaking waves.
ヨーロッパの芸術家たちは,砕ける波の中央にある富士山(の構図)を見て驚いた。

However, not many of us know that Hokusai himself was also influenced by European paintings.
しかし,北斎自身もヨーロッパ絵画の影響を受けていたことは,ほとんど知られていない。

He used a ruler and a compass to decide the composition of his work.
彼は,定規とコンパスを使って作品の構図を決めていた。

In The Great Wave in Figure 1, Hokusai first drew two lines diagonally across the canvas from corner to corner.
図1の「神奈川沖浪裏」では,彼は最初に,角から角へとキャンバスを横切る2本の対角線を引いた。

He then measured the canvas height with his compass and drew a fan.
それから彼は,コンパスでキャンバスの縦の長さを測り,扇形を描いた。

Finally, he drew the edge of the waves and Mt. Fuji where the lines and the fan met.
最後に,線と扇形が交わるところに,波と富士山の先端を描いたのである。

In the Edo Period, Japan was closed to foreign countries.
江戸時代,日本は外国に対して鎖国をしていた。

However, different kinds of books came in from Holland.
しかし,オランダからは様々な種類の本が入ってきていた。

Holland was allowed to trade with Japan even in those days.
オランダは,当時においても日本との貿易を許されていたのだ。

The ukiyo-e artists in Edo probably had chances to see the pictures in those books.
江戸の浮世絵師たちは,おそらくこうした本に載っている絵を見る機会があったのだろう。

Hokusai and others learned about the composition of Western paintings.
北斎たちは,西洋絵画の構図について学んでいた。

In his Thirty-six Views of Mt. Fuji, we can see the influence of perspective used in Western paintings.
北斎の「冨嶽三十六景」には,西洋絵画で使われる遠近法の影響が見られる。

He later developed his own style.
北斎は後に,独自のスタイルを発展させた。

He used simple shapes such as circles and triangles to decide the composition of his works.
作品の構図を決めるのに,円や三角形のような単純な図形を使ったのだ。

There was another thing which made Hokusai’s printings different from other works.
北斎の絵画がほかの作品と異なる点はもう1つある。

He used a special man-made paint called Prussian blue.
彼は,プルシャン・ブルーと呼ばれる,特別な人工絵の具を使った。

Prussian blue is a beautiful blue paint never used in Japanese-style artwork before.
プルシャン・ブルーは,それまで日本式の芸術工芸品では使われていなかった,美しい青色の絵の具だ。

With this strong color for the waves, Hokusai has impressed people through the ages.
波にこの強い色を使うことによって,北斎は長年にわたり人々に感銘を与えてきたのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする