CROWN English CommunicationⅡReading 1 和訳 | 和訳のCROWN

CROWN English CommunicationⅡReading 1 和訳

Reading 1
Sun-Powered Car
サンパワード・カー

It was just another lousy day in the life of a has-been TV news reporter.
その日も、下り坂のテレビニュース記者の生活の、ありふれた不愉快な一日にすぎなかった。

Malcolm was on his way back to the city.
マルコムは都会に戻る途中だった。

He was hungry.
彼はおなかが空いていた。

He decided to stop at the next restaurant he saw—no matter what it looked like.
次に目にしたレストランに立ち寄ろう、たとえどんな見栄えの店でも、と彼は心に決めていた。

“Helen’s Hamburgers: the best hamburgers in town,” the sign read.
「ヘレンのハンバーガー 町いちばんのハンバーガー」と看板には読み取れた。

Malcolm suspected that Helen’s might be the only hamburger shop in this little town.
マルコムは、ヘレンの店はこの小さな町で唯一のハンバーガーショップじゃないのかと勘ぐった。

He parked his car and got out.
彼は車を停め、車外に出た。

Just as he was about to go inside, he heard something coming up the street.
まさに店に入ろうとした瞬間に、通り沿いになにかがやってくる音が聞こえた。

It was too noisy to be a bicycle, yet too quiet to be a car. He turned around.
それは自転車にしては大きすぎ、自動車にしては静かすぎる音だった。彼は振り返った。

It was a 1957 Chevy pulling in behind his car.
それは、彼の車の後ろに停まろうとしている1957年型シェビーだった。

It was in good shape for a 50-year-old car.
50年前の車にしてはいい状態だった。

But it had a strange-looking luggage rack on the top.
けれど、上に奇妙な見栄えの荷物ラックが載っていた。

Why was the engine so quiet?
なぜエンジンがそんなに静かなんだ。

Then he realized that the flat thing on the car was not a luggage rack—it was a solar panel.
そのとき彼は悟った。車の上の平らなものは荷物ラックではない。ソーラーパネルだ。

A middle-aged man wearing overalls and two strong young men in T-shirts got out of the car.
オーバーオールのズボンをはいた中年男とTシャツを着た二人の屈強な若者が車を降りてきた。

Inside the restaurant, a woman walked to the men’s table.
レストランでは、女性がその男たちのテーブルに歩み寄った。

“Howdy, Ned. How are you boys doing?”
「いらっしゃい、ネッド。みなさんご機嫌いかが」

“We’re fine, Helen.”
「みんな元気だよ、ヘレン」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする