UNICORNⅠ和訳 LESSON 10 | 和訳のCROWN

UNICORNⅠ和訳 LESSON 10

文英堂 英語Ⅰ 052 UNICORN  LESSON 10
SOSEKI IN LONDON
(ロンドンでの漱石)

P.131

【BEFORE YOU READING】 省略

【WORDS】
Hong Kong 〔固有名詞〕 香港
Colombo 〔固有名詞〕 コロンボ
Naples 〔固有名詞〕 ネープルズ
Eiffel Tower 〔固有名詞〕 エッフェル塔
Impress(ed) 〔動詞〕 感銘を与える
view 〔名詞〕 眺め、視野、見解
Sri Lenka 〔固有名詞〕 スリランカ
Temple 〔名詞〕 神殿、寺院

P.132

夏目漱石は、当時の文部省によって学生としておよそ100年前にイギリスへ派遣された。

彼は当時33歳で、熊本県第五高等学校の教授だった。

彼は1900年の9月に船で横浜を出航し、2ヵ月後にロンドンに着いた。

当時、イギリスは他の国々よりも発展していた。

ロンドンにはすでに地下鉄網があった-東京初の地下鉄の30年前である。

漱石の見るもの聞くもの全てが不思議だった。

 【POINT】
 Everything (that) [ Soseki saw and heard ]  was a wonder.
   S             S’    V’1       V’2      V      C
 この文では、Soseki以下がEverythingを修飾している。
 EverythingとSosekiの間に関係代名詞thatが省略されていると考える。

彼は古本を買うこと、公園を散歩すること、そして劇場へ行くことを楽しんだ。

彼は妻への手紙に書いた:「君が素晴らしい劇場のショーを見られたら良かったのに。

1つのショーで、私は60人ほどの女性が豪華な衣装を身に着けてステージ上で踊っているのを見た。」

 【文章構造:SVOC】
 I saw about sixty women dancing on the stage / in gorgeous costumes.
S V O C
see+O+Cで「OがCであるのを見る」という意味で、SVOCの構造になっている。
 SVOCの構文(第4文型)ではん、O=Cが成り立つ。

しかしながら、ロンドンでの漱石の生活は時に困難だった。彼には物価が非常に高かった。

【WORDS】
the Ministry of Education 〔固有名詞〕 (当時の)文部省
ministry 〔名詞〕 省、内閣
professor 〔名詞〕 教授
the Fifth High School 〔固有名詞〕 第五高等学校
web 〔名詞〕 クモの巣、網状のもの
underground(s) 〔名詞〕 地下、地下鉄
theater(s) 〔名詞〕 劇場
stage 〔名詞〕 舞台
gorgeous 〔形容詞〕 豪華な
costume(s) 〔名詞〕 衣装、服装

1.
〔質問訳〕 なぜ彼は、イギリスへ行ったのですか?
〔解答例〕 He went to Britain because he was sent by the Ministry of Education as a student.
〔解答訳〕 彼は学生として当時の文部省から派遣されたため、イギリスへ行った。

2.
〔質問訳〕 当時、イギリスはどのようでしたか?
〔解答例〕 Britain was more developed than other countries then.
〔解答訳〕 当時イギリスは、他の国々よりも発展していた。

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする