サイト紹介 | 和訳のCROWN

サイト紹介

高校での採択率が高い三省堂のCROWNをはじめ、PRO-VISION, UNICORN, PROMINENCE, POLESTAR, ELEMENT, GENIUS などの英語教科書の和訳を配信しています。

更新情報

’09-10-14 中間・期末テスト対策 ダウンロードページをUp

『英語』という教科の重要性・・・

 英語という教科は、努力すればするほど必ず報われる教科です。もちろん、どの教科も”報われない努力”などというものはありません。しかしながら、英語という教科の厄介なところは、1週間、10日間、1ヶ月間頑張っても、すぐさまテストの結果として反映されにくいという一面があります。こつこつ努力を積み重ねることによって、ある日突然偏差値がグ・グーンとあがる?!ということがよくあります。それだけに、ひたすら我慢してコツコツと積み上げなければならない教科です。

 高校の先生方々は、ほぼ例外なく『とにもかくにも予習をしっかりしてきなさい』と言うでしょう。耳にタコが出来るほど、予習と言う言葉を毎日聞いているかと思います。しかし、この6月あたりからは、予習中心ではなく復習をきっちりとしていかなければ、学力・得点力として身につけていくことは困難になります。何故かと言うと、理由は単純です!!覚えていなければ、暗記できていなければ、テストにおいて点数にはならないからです。

 英単語一つ一つの意味を、『う~ん、この文章にはどの意味が適切かな?』と迷いながらいちいち辞書を引いて調べ、本文の訳をノートに整理して書き、『うん?これはきっと何かの構文だろう・・・・???』とアンダーラインを引き・・・・・・・気がつくと、1時間半~2時間という時間がアッ!という間に過ぎている・・・・・・。

 『う~~~っ、しまった!! 数学の宿題があったの忘れてた!』などという経験があるかどうかは別として、とにかく時間ばかりとられてしまい、非効率で非合理的な勉強になっている高校生が多いと思います。そして、それらに費やした貴重な時間はほとんど全て、あなたにとって、『調べる』という作業でしかないのです。こういった毎日の連続で、いざ本番のテスト・・・定期テストでも外部模試でも構いませんが、点数が取れると思いますか?

 私は無理だと思います。『覚える』つまり、『暗記する』ことが英語学習における絶対要素なんです。英単語を覚える、熟語を覚える、構文を覚える、文法を覚える・・・・・。覚えるの連続なんです。〔めったに居ないでしょうが、辞書を一度引くだけで、その単語の意味と語法、スペルを覚えてしまえるという天才的な人は別として〕英語の点数が取れるかどうか?は、単純に覚えているか、覚えていないか?に尽きるのです。ですから、『覚える』という作業に時間を投入しなけらばならないのです。つまり、復習です。

 さらに、大学進学・受験を考えている人にとって、学校の授業で利用している教科書レベルで、調べることに振り回されていては、定期テストはもちろんのこと、模試や本番のセンターテスト、入学試験に出題される複雑な文章を読み取ることは、非常に困難になります。

 だからこそ、当サイトの和訳を上手く活用していただいて、調べる時間の無駄を少なからずはぶいて、『覚える』 『暗記する』ために限りある時間を有効活用して頂ければ、幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする